So-net無料ブログ作成
検索選択

退院の報告 [生活]

約1ヶ月半もの間入院をしておりましたが、自宅での投薬治療になりましたので、昨日付けで一旦退院して自宅に戻ってきました。長い間連絡が出来ない状態が続き、大変にご迷惑をおかけしました。

入院当初は病気の原因も病名も不明な状態でしたが、どうやら「結核」だったようで、結核菌が体内から検出された後は、隔離病棟のある横浜の病院に救急車で運ばれまして、伝染病感染者を隔離する為の個室に担ぎ込まれて、部屋からは一歩も外に出られない環境で投薬治療をしながら2週間ほど経過観察入院をしていました。

詳しい状況は以下に書かせていただきます。

「結核」と聞くと酷い咳が止まらない危険な伝染病というイメージが強くて、私が苦しんでいた腹痛とは関係ない病気に思えたので、最初に先生から「結核菌が見つかりました」と言われた時は「???」と言葉に出来ない驚きでしたが、すぐに病院の個室に移されて、その数時間後には救急隊員の方々に部屋から担架で運び出されて、気づいたときには別病院の隔離病棟の個室に再入院していました。

そこの感染内科の先生に説明を受けたのですが、結核は咳が止まらない肺結核の症状のイメージが強いが、本来は感染して免疫力を低下させる病気で、内臓などの他の臓器に結核菌が広がると、免疫不全になって弱い菌にも体が犯されていき、多数の菌に肉体が浸食されて体が衰弱し体力が衰えていくので、結果腸内バランスを 壊して悪玉菌が増殖したり、結核菌による腸内炎症等の症状が現れて腹痛が発生することも珍しくないそうです。

確かに言われてみれば、過去の記事でも酷い咳と痰が出るようになった後に腹痛が起こり始めているので、今回の病気は結核の症状を含んでいます。更に後で知ったのですが結核は冬の寒い時期に活動を停止して冬眠状態のような形で体内潜伏することがあるらしいのです。

ちょうど2011年の腹痛に苦しんでいた時に、12月末頃にピタリと痛みが止まり、咳と一緒に腹痛も完治したと思い込んでいたら、2012年の5月頃から咳と腹痛が急に再発したのは、結核菌が潜伏期間を終え活動を再開したせいだと考えると合点がいきます。お腹を温めたりして腸に負担をかけないようにしながら仕事をしていたわけですが、すぐに病院へ行かなかったことで結核菌が体中に広がってしまい、体力を相当奪われてしまっていたようです。

最初に入院してから2週間で結核菌が見つかり、隔離病棟の個室で約2週間ほど結核治療の投薬と経過観察を行い、結核菌が検出されなくなったのを期に隔離病棟を出て一般病棟に移り、そこで初期検査時に見つかっていた胆嚢で大きくなっていた菌溜まりを治療するために更に、点滴治療で2週間ほど入院を延ばしたのですが、完全には菌溜まりが消えなかったので、一旦退院して自宅での投薬治療に切り替えて経過を見る形になりました。

結核治療のほうは、今後半年ほど薬を飲み続けて通院検査の結果を見ていき、問題が出なければ完治という形になるかと思います。胆嚢炎のほうは痛みなどが無いのでしばらくは最初に入院した病院に通院しながら投薬治療を進めていきますが、外科の先生曰く胆嚢は外科手術で摘出すべきという見解のようです。投薬治療で状況が悪化した場合は再入院して手術の可能性もあるようです。

腹痛に関しては、私が今まで悩まされてた腹痛は菌による炎症による痛みではなく、腸がバイ菌による攻撃で疲弊して、正常な腸の動きができずに便秘に近いような形で痛みが発生していたらしく、実際の炎症が起こっていた場所は私が痛みを感じていた箇所の反対側でした。

そのため、結核菌の治療がある程度進んで体調が回復しているにも関わらず、腸の動きがなかなか正常に戻らず、便が詰まって辛い痛みに悩まされたり、酷い便秘になると胃で消化したモノが小腸に流れて行かず何度も食べた食事を吐いてしまって、重苦しいお腹の痛みに苦しむことが多々ありました。

下剤や整腸剤などを飲んだり、食事をお粥等の消化の良いものにすることで、腸の状態を回復させて徐々に改善はしているようなのですが、退院後の不摂生な生活やストレス等でまた腸の働きが不安定になって痛みが再発しないか心配な状態です。そうは言っても、外科手術は行わなくて良かったのでホッとしています。体にメスを入れるのはヤッパリ怖いですね。

今後は仕事を徐々に再開していくことになりますが、まだ体調が万全だとは言えない部分がありますし、今回の入院で仕事を一旦止めてもらったり、締め切りを後ろに延ばしていただいたクライアント様や、仕事をキャンセルしてもらった会社などを優先して仕事を再開していく予定ですので、相変わらず今後のスケジュールに関しては現在は未定な状態となっています。

結核の治療に何かしらの結果が出る半年後ぐらいには、明確なスケジュールを出せるようにしたいと考えておりますが、もうしばらく新規の仕事の受付が出来ない状態が続くことをご了承ください。

今回は長い入院だったので、精神的に疲れてしまいました。思っていた以上に入院生活というのは窮屈で気を遣うんだなーと痛感しました。当初はこんなにゆったり時間を使えるチャンスなんて無いんだから、ユックリ体を休めて普段出来ないようなことをしようとお気に入りの小説を再読したりしていたんですが、実際は点滴針のトラブルやたくさんの検査と採血でグッタリしてしまい、なかなかノンビリすることも出来ず、突発的に襲ってくる悪寒や腹痛と腰痛などにも悩まされて、全然気楽に入院生活を満喫できる雰囲気ではありませんでした。

一ヶ月もすると毎日退院することばかり考えてしまい、入院生活が苦痛でしかたなかったです。今回の入院生活を機に、仕事を普通にできる日常がどれほどありがたい事なのか痛感しました。今後は自分の体調に気をつけて、無理せず健康的な生活を心がけて仕事を頑張っていきたいと思います。

いろいろとご心配をおかけして大変申し訳ありませんでした。今後も引き続きよろしくお願いいたします。


nice!(0)  コメント(3) 

nice! 0

コメント 3

いっとく

退院おめでとうございます。回復への方向がより明確になったご様子で何よりです。文面の最後に書かれているお気持ちは私もとある入院後に感じておりましたが忘れかけておりました。今後もどうかお大事に。
by いっとく (2013-01-31 15:39) 

RD99

神宮寺のゲームで貴殿のイラストを見てファンになりました。
お体に気を付けて、また素敵な作品を見せてください。
by RD99 (2013-10-02 00:10) 

よしお

>いっとくさん
返事が遅くなってすみませんでした。
本当に病気は嫌ですね・・・
退院後も体調が安定しなくて凄く大変でした。
今はおかげ様で完治と言って良い状態にまで復帰できました。
いっとくさんも、お体に気をつけてお仕事頑張ってください。

>RD99さん
神宮寺の仕事を気に入って頂けて大変嬉しいです。
返事が遅れてすみませんでした。

新しい神宮寺は3Dポリゴンになって進化しましたねー
3DS持ってないので遊んだことないですが
JUNNYさんのイラストも魅力的ですし
ますます神宮時のゲームが人気出て欲しいところです。

今後のシリーズ展開が気になりますが、大人のゲームですから
iPadやアンドロイドで遊べるといいんですけれどねー

by よしお (2014-01-04 22:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。